スカイマークの株主優待券は便利

航空会社と言えば、長らく二種類の大手航空会社という感じでしたが此処数年で新しい格安の航空会社がいくつか出回って来ているんです。
その中でも、とくに大きく台頭している航空会社と言えばスカイマークでしょうね。

格安の航空機なので、移動するのにも便利なうえに時間も短く済みますし、値段も安く済むということでいいことづくめです。
勿論、大手の航空会社に比べるとややサービスの質が落ちてしまいますが、長距離を早く移動したい、という人には便利ではないでしょうか。
さらに、そのスカイマークもまた株主優待券を発行するようになっておりますので、さらにお得に乗ることができるようになっているのです。
株主優待券は、他の大手の航空会社と同じく割引率は普通運賃から半額という非常に大きな値引きのもので、元からかなり運賃が安いのが特徴のスカイマークを更に安く利用することができるのですね。
スカイマークは、近年非常に伸びている企業なので株を所有すること自体もお得なことだと思います。

スカイマークの株主優待券の配当条件は、1000株所持なのでそれほど大きな負担、というわけではないかと思います。
スカイマークは、元々それほど路線の多い航空会社ではありませんが、だからこそどの路線でも株主優待券買取ACチケットを使用することができるというようなメリットがあるわけですね。
しかも、スカイマークの株主優待券は基本的にチケットとセットで扱うのではなく、航空券を購入するときに運賃割引をする、という物なのでそれこそ極端な話ではありますが、当日チケット購入をする場合なんかでも使う事が出来るなど、便利なものなのです。
勿論、当日だけではなく航空チケットを予約する時も使う事が出来ますし、便の変更やキャンセルをしても株主優待券を無駄に消費してしまう、という事がないスタンドアローンな柔軟性のある割引チケットの用に使う事が出来るのですね。
また、配当者限定というような縛りがあるわけではありませんので飛行機に乗る予定がないから、株主優待券を使う機会がない、というような人ならば金券ショップやネットショッピングなどに売りに出す事で無駄にせずにすむでしょう。
実際、株主優待券なんかは飛行機に頻繁に乗る人なんかからは重宝しますし、帰省ラッシュなど遠距離移動をする時なんかは特に飛ぶように売れますので、期限と併せてそう言った使い方をしてみる、というのも一つの選択肢ではないでしょうか。

更新情報